お知らせ
 
平成22年11月30日
お客様各位
 
設備工事品名マスター掲載終了について
 

平素は当社「見積エース」をご使用いただき、ありがとうございます。

現在、弊社の見積システム「見積エースVer.5」に付属の品名マスターは、全日出版社の「電気設備工事積算マニュアル2009(平成21年度版)」「機械設備工事積算マニュアル2009(平成21年度版)」の2種類を掲載しています。

見積エースに標準で登録されている、材料の名称・価格・計算式等は、すべて有限会社全日出版社の著作物であり、弊社では毎年協議のうえ弊社指定のソフトウェアへのデータ掲載の許可を頂いておりますが、本年度のデータ2010度版(平成22年度版)につきましては、電気設備工事積算マニュアル分のデータのみとさせて頂き、設備工事積算マニュアルのデータの掲載は中止させていただきます。

特殊業務用のソフトウェアであり使用対象ユーザー数も限られており、そのような中 昨今の長引く不況で弊社ソフトウェアの出荷本数も激減しデータ使用契約の著作権料がソフトウェア商品の原価を非常に圧迫する結果となっているのが現状です。

これは、弊社の今後の継続したソフトウェアの開発に影響も大きく、現在ソフトウェア1本あたりの著先権料金の占める割合の軽減と、さらにはソフトウェア料金自体の引き上げも視野に入れた対策が急務となっております。

今後の日程ですが、現在全日出版社との著作権契約申請中で、契約締結後、掲載許可の下りたデータを受領し、それを元に見積エースの品名マスターを2010度版に変更する予定です。

見積エースへの掲載は例年通り、来年1月中旬頃の予定をしております。
2010年度マスター掲載時より、設備工事の品名マスターは契約切れとなり掲載できなくなる予定です。

見積Kingにつきましては、もともと電気工事のマスターのみの掲載ソフトであります、この対象外となります。

以上、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。
 
有限会社アクセスソフトウェア
代表取締役 桧木 利弘