左記事項をご確認のうえ、
ダウンロードを行ってください。
 ソフトウェアアップデート 
<見積エースVer.4アップデートファイル>

■ Ver.4.2.6 へのアップデート(商品版) 
    ※このプログラムは、Ver.4.* から Ver.4.* への内部アップデートするためのものです。
      (注意)Ver4以外のバージョンでのアップデートはできません。
           Ver.1〜3⇒Ver4へは有償バージョンアップとなっております。



アップデート内容
   ◆Microsoft Excel出力で、見積エースの小計行を出力可能に変更。
   ◆3階層以上の見積明細エラーを修復。(4.0.1)
   ◆マスター変換で、見積エースDOS/V版のデータを変換中に発生するエラーを修復。(4.0.1)
   ◆見積エースDOS/V版で作成された見積書を読み込んだ時に起こるエラーを修復。(4.0.2)
   ◆旧バージョンの見積書を呼び出した時の表示フォントの不具合を修復。(4.0.3)
   ◆レポートエディタの品名欄の右づめを修復。(4.0.4)
   ◆名前を付けて保存のとき、ファイル名を初期設定に従うように修正。(4.0.5)
   ◆プレビュー上の印刷ボタンがきかない不具合を修正。(4.0.6)
   ◆エクセル出力で、明細行に特殊行(注釈・消費税行)が含まれていた時の処理を修正。(4.0.8)
   ◆税込見積書のエクセル出力時の単価を税込単価に修正。(4.0.8)
   ◆単価入力時、行範囲で歩掛りの合計を計算した時、単価文字の行の歩掛りを計算対象に修正。(4.0.9)
   ◆品名マスタで画像付きデータを複数コピーするとコピー先の画像が全て同じになるエラーを修正。(4.1.0)
   ◆総額表示見積で範囲処理後、UNDOすると税込金額が元に戻らないエラーを修正。(4.1.0)
   ◆金額設定で特定工事項目の内訳明細のみ変更時、試算画面のツリーを全工事項目を表示するように変更。(4.1.1)
   ◆件名一覧表印刷B4の一部のレポートで印刷時の不具合を修正。(4.1.3)

   ◆Windows xp用 Ver.4.1.4 ○ダウンロード開始○
    Windows Vista対応。(4.2.x)(ダウンロードはアップデート方法の下)
   ◆材料ガイドの最終行を矢印キーで選択した時、呼び出しされないことがある状態を修正(4.2.4)
   ◆レポートエディタで項目設定を オートサイズ+センタリング+文字幅 にすると文字が欠け、位置づれを修正(4.2.6)



アップデートの方法

@インストール直後の見積エースは、必ずアップデート前に一度起動しておきます。アップデートは見積エースを終了した状態で行ってください。

Aダウンロードしたファイルは自己解凍形式になっておりますので、ハードディスクにダウンロードした後、そのままアイコンをダブルクリックして、
 解凍を実行してください。
 解凍先のフォルダは、見積エースがインストールされているフォルダをご指定ください。
 (例: C:\mace_v4)
 (ダウンロードしたファイルは、UPデート終了後は特に必要ではありませんので、削除してもかまいません。)

B「〜を上書きしますか?」というメッセージが表示されましたら、必ず「はい(Y)」を選択してください。

CWindows Vista上でのUPデート時の注意
  UPデート後、初回の起動のみ「管理者モード」で起動してください。
  管理者モードで実行するには、見積エースのアイコンの上で右クリックし、メニューを表示します。



  「管理者として実行(A)」をクリックします。この時、ユーザーアカウント制御の画面が表示され、
  管理者でログオンしている時は、「許可(A)」をクリックします。2回目より、管理者モード以外での実行が可能になります。

Dオプション及びサンプル品名マスターインストールプログラムの変更。
 見積エースVer.4.2.6のUPデートに伴い、品名マスターのインストールプログラム「HinInst_V4」が使用できない代わりに「HinInst_42」を使用します。
 見積エースインストールフォルダ「mace_V4」の中にある「サンプル品名」フォルダの中の品名マスターをインストールする時は、
 今回アップデートで追加された「mace_V4」フォルダの中の「HinInst_V42」ファイルを「サンプル品名」フォルダの中にコピーし、
 コピーした「HinInst_V42」をクリックして起動してください。

 見積エースVer.4.2.6未対応のオプション品名マスターCDの品名マスターをインストールする時には、ハードディスク内に任意のフォルダを作成し、
  CDの中にあるファイル・フォルダを作成したフォルダにすべてコピーします。
 さらに、「mace_V4」フォルダの中の「HinInst_V42」を、CDをコピーしたフォルダにコピーし、コピーした「HinInst_42」をクリックして起動してください。